ズボラでもできる収納のコツ、教えます【クローゼット】

クローゼット収納のコツ

カゴで統一する

 

まず同じ素材のカゴを何点か購入しましょう!
種類は違くても統一感が出てすっきり見えるでしょう。

 

色々なサイズで購入すればクローゼットの中だけではなく、洗面所、食器棚の中…様々な場所で使えます。
ざっくりと種類を分けて収納しておけばOK!

 

カゴの中で更に細かく分ける必要はありません。
なんとなくジャンル分けにしたカゴにポイっと投げ込めばいいだけ♪

 

カゴ収納

 

 

@とりあえずゾーンを作る

 

 

なにか散らかったものを片づけようと思ったとき、

 

 

「んーこれどうしよう?」

 

 

と片づけるか処分するか迷ったことはありませんか??

 

 

そんなときの為に、クローゼット内にとりあえずゾーンを置いておきましょう♪

 

 

ダンボールに可愛い布を貼るだけでもOK!

 

 

とりあえず迷ったときはココ!という場所を作っておけば、気持ち的にも楽ですよね。

 

 

 

 

@洗濯ハンガーのまま閉まっちゃおう!

 

 

乾いた洗濯物の山を見てげんなり。

 

 

なんて方は「キチッと畳んでしまう」という概念を捨ててみて!

 

 

押し入れでもハンガーを掛けられるラックなどを購入すればクローゼットがないお家でも大丈夫♪

 

 

 

 

 

 

≪番外編≫

 

 

 

 

 

 

@冷蔵庫収納のコツ

 

 

ズボラーさんの冷蔵庫はなぜか物がぎっしり…

 

 

ないと思って買って帰ってきたら冷蔵庫の奥に同じものが眠っていた。

 

 

なんて経験あるのでは?

 

 

冷蔵庫の中は100均などで売っているケースで用途ごとに分けておきましょう。

 

 

 

 

これで、どこに閉まったかな、なんて探す手間も省けるし、

 

 

重複して買っちゃう!なんて事態も防げるはず♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@引き出しは右から左へ!

 

 

小物などを収納する引き出し。

 

 

どうしても奥から手前に物を入れがちではないですか??

 

 

今日から引き出しの中は右から左へ入れるようにしてみてください。

 

 

右から左へ入れることで、引き出しの中でものが乱雑にならずに済み

 

 

容量もなんと1.5倍に増えるそうです。

 

 

 

 

 

 

@帰宅してからの動線上に収納場所を!

 

 

帰ってきてからリビングに入るまで、その間に、鍵を置いて、カバン・上着をかける。

 

 

そんな場所をつくっておけばリビングが散らからずに済みますね。

 

 

この動きを習慣づけていくのズボラ収納のコツです。

 

 

 

 

 

 

今日から全部やらなくてもいいんです。できることから少しずつ。

 

 

大事なのはこの収納のコツをまず日々の生活で意識すること。

 

 

アナタなりのペースで、収納上手な隠れズボラーを目指しましょう!