ズボラでも続くおもしろ小銭貯金&簡単家計簿【コツ】

オモシロ小銭貯金術

 

皆さんの家庭では「貯金」してますか??

 

銀行の定期預金や郵便局の通常貯金など…
貯金の種類は様々。

 

そんな中で今回は、誰でも気軽にできる
小銭貯金をPick Up!

 

 

張り切って貯金箱を買っただけで満足して
全然貯まってない…なんて方も続けられるコツ、あります。

 

 

ただただ小銭を入れるだけじゃつまらない!続かない!

 

小銭貯金には色々な方法があるので
気になった方はぜひ今日から実践してみて下さい。

 

幸せ換金貯金

 

1日の中で幸せな事があったらその日のうちに1回500円!♪
どんな些細な事でもOK!

 

私は「スーパーに行ったらお買い得商品がたくさん買えた」
なんて時にも500円を入れています。

 

良いこと、嬉しいことで貯まったお金ってなんかとても素敵ですね。

 

500円貯金箱

 

365日コツコツ貯金

 

始めるを1日目にして日にち分毎日小銭を貯めていく方法。

 

例えば、5日目は5円~14日目は14円、365日目は365円。

 

大変そうに見えて実は1日にかかる負担は少ない分
続けやすいのがポイント!

 

最大で小銭365円、と少ないように見えても計6万円以上は貯まるので
やりがいもあります。

 

小銭貯金

 

家事時給制

 

普段している家事に時給をつけてしまいましょう♪

 

どんなに日々一生懸命家事をこなしても、
残念ながら褒めたたえてくれる人なんてそういませんよね。

 

それならこっそり家事にお給料つけちゃいましょう!

 

好きな額で小銭を設定しでその日こなした家事の分だけ貯金箱にIN☆
家事の方もはかどっちゃうかも!?

 

家事貯金

 

財布リセット貯金

 

これはいたって簡単。
寝る前に、その日の小銭全部貯金箱に入れてしまうというもの。

 

だんだん貯まっていく小銭がリセットできて気持ちがいい!

 

寝る前、と時間帯を決めてしまえば習慣もつきやすそうですね。

 

財布の小銭を貯金

 

「小銭貯金のコツ」いかがでしたでしょうか?

 

少し考え方を変えるだけで毎日継続できそうですね♪

 

 

その「家計簿」やるだけ無駄になってない?

 

そもそも家計簿の意味を理解してみましょう。

 

家計簿をつけたからといってお金がもらえるわけでもないし
節約できるわけでもありません。

 

何故家計簿をつけるのかというと、
毎月どこにいくら使っているかお金の動きを分析するため。

 

それが結果、節約につながるわけですね。

 

ただ、何冊も家計簿を買ってみたり、
書くのに何時間もかけてしまっては、その分稼いだほうがお得になってしまします。

 

家計簿を簡単に見やすく続けるコツは
項目を最低限にし、シンプルに書くこと。

 

私がたどりついた誰でも続く簡単家計簿を大公開します!

 

項目は必ず10個未満。

 

1.収入 2.固定費 3.住居費 4.光熱費 5.食費 

 

6.遊び 7.健康 8.その他(特別)9.支出合計

 

金額は100円(50円)単位にする。

 

家計簿と言えば1円単位までチェックし
細かく計算するイメージだと思いますが、細かい端数は考えなくてOK。

 

そこまでして時間がかかったり、数円合わずにまた計算のやり直しになる…
というよりは簡単に続けることを目標にしましょう。

例:レシート合計 489円→500円 138円→150円

 

2.3ヶ月続いたら一度やめてもOK!

 

え?家計簿って何年も続けるものなのでは?

 

何度も言うように家計簿はお金の流れを理解し将来に役立てること。
特に旅行や急な出費がたくさんない限りそこまで大きく変動しません。

 

「自分のお金の出方」を頭でなんとなく把握できるようになれば一度やめても大丈夫。

 

最初だけ張り切って2ヶ月ぼうず…になりがちな方も2ヶ月つけたら1ヶ月お休み!
と最初に決めてしまえば気持ち的にも楽に始められます。

 

家計簿と電卓

 

皆さんも今日からメモ書き程度に簡単家計簿はじめてみましょう♪