ずぼらサイト

海外旅行

 

ズボラでも、楽しいことは率先して体験したいものです。

 

旅行も楽しいことのうちの一つですよね。
海外旅行はもちろん、国内、温泉旅行なんてのも、のんびりできて癒されます。

 

ただし旅行の前には必ず、持ち物を詰め込むという荷造り作業が欠かせません。

 

これがとっても面倒…。

 

旅行

 

ズボラな人にとってはなるべくしたくない作業でもあります。

 

何を持っていく?海外旅行の最小限持ち物リスト

 

海外旅行は楽しみも倍増、ですが持ち物も大量になりがちで、用意するのが大変ですよね。

 

なるべく持ち物は最小限にとどめておくために、
自分なりのリストを作ることがオススメです。

 

特に女性は、旅行先でもオシャレにしていたいと思うもの。
着替えの用意が一番大変、しかもかさばるのでは?

 

コーデを考える手間を省くべく、着回せる服だけを持っていくようにしましょう。

 

ズボンを2着、Tシャツやカーディガンが数枚など、3日分あればなんとかなります。

 

レストランなどに入る予定があればシワになりにくいワンピースを用意して、
その後も何か羽織ったりすれば一日分の服が浮きますね!

 

あとはスカーフやアクセサリーで雰囲気を変えるようにしましょう。

 

そして面倒なのが、化粧品。

 

これは試供品を日頃からためておけば、旅行の際にわざわざコンパクトにする必要がなくなります。

 

また、旅の思い出は思い切ってスマホに頼る、というのも手。

 

そうすれば大きくてかさばるカメラやバッテリーも、持ち物リストから外せますよね。

 

持ち物のパッキングのコツとは?

 

スーツケースなどにいざ詰める時、
服や下着、小物、カメラなど、だいたい分けて圧縮袋やポーチなどに入れていませんか?

 

実はこれ、ついやりがちなテクなんですが、スーツケースがかさばる原因になるんです。

 

旅行の際にオススメしたいのが、風呂敷です。

 

服や下着などは特に大判の風呂敷に包んで持っていくと
通気性も良くてコンパクトに納まりますよ。

 

化粧品を全部試供品にして風呂敷やスカーフに包んでしまえば、
帰りの空のポーチすら持たなくて済むんです。

 

また、服や下着は種類別ではなく、
一日ごと、行動ごとに分けるのもオススメですよ。

 

風呂敷をあければその日の服や下着が出てくる、
という風にしてしまえば、旅行中ぱっと準備ができますよね。

 

固定概念を捨てる!持ち物は全部入らなくていい?

 

旅行に行くとなると、全ての持ち物が収まるべき…と思っていませんか?

 

特に海外旅行なら想像しやすいですが、
手荷物という方法だってあります。

 

ハンドクリームや充電器、お菓子など、
すぐ使いたいものやあると便利なものはサブバッグに入れましょう。

 

海外旅行の際の機内でも活躍してくれますよね。

 

また、歯ブラシやペンなどは意外にも現地調達しやすく、
自分に合う合わない、といったことが起きにくい持ち物のひとつ。

 

国内であれば、歯ブラシやシャンプーなどもホテルに置いてあることも多いですし、
確認しておくのも忘れずにチェックしていきましょう。

 

旅行